半年

3週間ぶりに休んで(休みになってないが)、ようやく年末年始という感じがしてきました。と父に言ったら、父も私と同じくらいに独立企業した身で、「起業するなら最初の1年は休めると思うな」と喝を入れられました(笑)。でもせっかく地方に来たので、のんびりペースでやります。

さて、今日でこの伊根町で勤務し始めて半年になります。

引っ越しや新しい仕事に慣れたり、家を改装したりキッチンカーを始めたりで、あっという間に半年経ってしまいました。もっと色々できたはずだけど、正直これくらいが自分の限界なのかと。

様々な人に助けてもらい、幸運にも助けられ、事業は少しづつ形になってきました。

ある人に、「で、ゴールは何なの?」と聞かれて、少し答えに窮してしまいました。

昔の自分は、大きくてはっきりして、人に語れるゴールがありました。

10年くらい追いかけて、でもそれが自分の人生の全てを費やすほどのものに思えなくなって、ここに来ました。

でも最近気づいたことがあって、自分が本当に欲しいものはそんなに大層なものじゃなくて、でも買う事のできない特別なもので、本当に野暮なもので自分は幸せになれるのだと。そしてそんなことで自分は、誰よりも頑張れると分かりました。

だから、人に語れるような大きなゴールは、今はいらない。つまるところ自分は小さな人間で、それを知れた事が、ここに来て得た一番の財産だったかもしれません。

目的は何だろうとやるべき事は一つです。まず生計を立てなくては始まりません。基盤はとった、営業先も目処がついた、これから1年はそれをコンテンツ化して、生産性を高め、広告して提供し、収益化する。それに全力で取り組みたいと思います。

色々動き始めた同僚に負けないように、励ませるくらいに。

前職でも自分は、みんなと和気あいあいとゆっくり進めるタイプではなくて、突っ走って色々失敗しながら皆がついてきてくれて、助言を取り入れながら右往左往して、振り返ったら信じられない成果を上げていた、というスタイルでした。そしてその頑張るモチベーションは、意外と野暮なものでした。

ある歴史家も、「歴史上の愚行とされるほとんどの事は、善意によって始められた。逆に皮肉なことに、偉業とされるものの多くは、悪意やエゴイズムによって為されてきたのではないか」と言ってますし。飛行機もロケットもそんなもので、別に目的や動機は大層なものじゃなくて良いのでしょう。

というわけで、今年も一年よろしくお願いします!